インターネット回線

MEX直収 100M回線を、お客様ラック内にL2-SW(100M-24Port)を弊社が設置し接続した状態にてお渡し致します。
責任分岐点はL2-SWのLAN側各ポートになります。

※占有サーバー契約の場合、サーバー機ハードウェアまでがご提供範囲の為、この限りではありません。

SLA

1、可用性
当社では以下の計算により定義される可用性100%を目標値と設定いたします。
可用性=(1年間の総分数-MTTR)/1年間の総分数
※MTTR(平均故障復旧時間)は、故障復旧時間の1年間の平均値

2、遅延時間
インターネット・ネットーワーク全体の往復遅延時間の月次平均目標値を28ms未満に設定いたします。

3、当社は、本サービスの提供の状態について、次項に定める基準に従い、Severity を設定します。当社が品質保証に基づくサービス料金の減額を実施するのは、Severity1として発行したトラブルチケットに対してのみとします。

Serverity 1

Serverity 2

Serverity 3

全面的にサービスが提供不可となった場合

部分的にサービスが提供不可となった場合

上記以外

4、減額基準
可用性・遅延時間に対する目標値を満たさなかった場合、以下の通りサービスご利用料金の一部を減額返還します。

5、遅延時間
上述1.2で定めたインターネット・ネットーワーク往復遅延時間に対する目標値を2ヶ月連続して満たさなかった場合、2ヶ月目の月額費用を30で除して得た額。3ヶ月目以降同じく保証値を満たさなかった場合には、月毎に、月額費用を30で除して得た額。

6、減額の制限
契約期間1年間における減額の総計(*1)は、30日分の月額費用を超えることはできません。
お客様はトラブルチケットをオープン(*2)後24時間以内に1度の減額を受けることができます。この期間内に複数の故障が発生した場合においても、2回以上の減額を受けることはできません。
*1 「可用性」「遅延時間」および「停電」による減額の総計
*2 当社規定のシステムで障害情報を受付完了時。

故障復旧時間

減額の上限

10分未満

なし

10分以上180分以下

該当する本サービスの利用規約の月額費用を30で除して得た額

180分超

該当する本サービスの利用契約の月額費用を10で除して得た額

menu